鰹節の栄養

鰹節の旨みのヒミツ

鰹節の旨みは主にイノシン酸と言われる成分です。イノシン酸は、かつおの体内にあるATPという物質が酵素によって分解されたものです。魚が死んだ後、ATPはイノシン酸に分解されていきます。

ATPとは細胞内でエネルギーを貯蔵する物質であり、高速で泳ぎ続けるかつおには、エネルギー源となるATPが大量に含まれています。

つまり、鰹節にはたくさんのイノシン酸が含まれていることになるのです。

鰹節で若返り

鰹節に多く含まれ、旨みのもととなるイノシン酸は、全身の細胞を活性化させる重要な成分なのです。イノシン酸は、細胞内でDNAをつなぐ物質(アデニン・グアニン)の原料となります。

イノシン酸は、肝臓でつくることができますが、20歳を境にイノシン酸の合成能力は減退します。細胞の老化の始まりです。

イノシン酸が不足すると、DNAがつくられず、新しい細胞が生まれなくなり、体はどんどん老化していってしまいます。

イノシン酸を充分摂取することによって、細胞に原料を供給し、老化を食い止めることができるのです。

ATPとは

アデノシン三リン酸の略。三リン酸のリン酸が1個とれて二リン酸になるときにエネルギーが発生します。これによってATPはADP(アデノシン二リン酸)になります。逆にADPにリン酸が1個つく(ATPになる)ことによってエネルギーが蓄えられます。わたしたちが食べた食物のエネルギーは消化吸収され、最終的にATPとなって細胞に運ばれ、そのエネルギーで細胞は活動しているのです。

かつおのペプチドに注目!!

近年、ペプチドという物質に医学界から注目が集まっています。ペプチドとはアミノ酸がいくつか結合した状態の物質です。小腸にはペプチド専用の吸収口があり、吸収スピードがアミノ酸よりも早く、栄養効果が高いことから注目が集まりました。

かつおはペプチドを最も多く含む食品として研究されています。 かつおに含まれるペプチドは、アンセリンとカルノシンです。アミノ酸のヒスチジンとアラニンがくっついたものです。

かつおに含まれるペプチドには、

  • 疲労回復
  • 集中力を高める

などの効果があると言われ、一流のスポーツ選手も使用しています。

ペプチドが疲労を回復するメカニズム

体内でエネルギーをつくりだす過程で水素イオンが発生しますが、水素イオンがたまると新たにエネルギーをつくりだすことができなくなります。つまり疲労した状態ですね。鰹節のペプチドは、このたまった水素イオンを除去してくれるのです。また疲労物質、乳酸を分解する酵素を活性化する効果もあります。これによって、疲労回復がはかられるのです。

ペプチドが集中力を高めるメカニズム

神経細胞ニューロンにたまっている水素イオンを鰹節のペプチドが除去します。そのため神経伝達がスムーズに行われ、集中力や思考力が高まるのです。

鰹節の減塩効果

鰹節の消費量は全国で沖縄県がもっとも多いのですが、沖縄県と言えば長寿県として有名です。昆布や豚肉の消費量も全国一の沖縄県ですが、実は食塩の摂取量は全国平均の約半分と、日本一少ない県でもあるのです。

沖縄料理の特徴は、時間をかけてしっかり取ったダシにあります。代表的な沖縄料理であるゴーヤ・チャンプルも味の基本はたっぷりの鰹節から取るダシなのです。

お料理にだしがしっかりきいていると、後の味付けを薄くすることができ、結果的に減塩することができるわけです。

この鰹節の消費量と減塩効果の関係が、沖縄県の長寿と無関係ではなさそうです。

ダイエットにも鰹節

鰹節の成分面では、なんといってもタンパク質が多く含まれています。生のかつおで約25%、鰹節にすると77%がタンパク質です。またタンパク質はその質の良し悪しが大切ですが、鰹節のタンパク質は人体でつくることのできない8種の必須アミノ酸を含み、中でもリジンが豊富なとても優良なタンパク質なのです。

ダイエットをする人は、カロリーばかりを気にして栄養面をおろそかにしてしまいがちですが、ダイエットで重要なのは、低カロリーで栄養が豊富に含まれた食事をとること。その点、鰹節は脂肪分は3%以下と低く、良質のタンパク質を77%と豊富に含んでいます。またカルシウム・リン・鉄・ナトリウム・カリウム・カリウム、ビタミンB1・B2・D、ナイアシンなどなど重要な栄養素が含まれています。

味気ないダイエット食も、鰹節を加えることで、ずっとおいしくいただくことができ、鰹節は、まさしく理想的なダイエット食品ではないでしょうか。

ヒスチジンが脂肪の燃焼を促進

かつおに含まれるペプチドは、アミノ酸のヒスチジンとアラニンがくっついたもの。ヒスチジンを多く摂取すると熟産生が高まって、脂肪の消費が多くなります。その結果、脂肪分解酵素リパーゼが活性化し、中性脂肪を遊離脂肪酸に分解してくれます。

かつおと鰹節の栄養成分表

成分

かつお生 鰹節
エネルギー(kcal) 114 356
水分(g) 72.2 15.2
タンパク質(g) 25.8 77.1
脂質(g) 0.5 2.9
炭水化物(g) 0.1 0.8
灰分(mg) 1.4 4.0
無機質(mg) カルシウム 11 28
リン 280 790
1.9 5.5
ナトリウム 43 130
カリウム 430 940
マグネシウム 42 70
亜鉛 0.8 2.8
0.11 0.27
ビタミン レチノール(μg) 5
E(mg) 0.3 1.3
D(μg) 4 6
B1(mg) 0.13 0.55
B2(mg) 0.17 0.35
ナイアシン(mg) 19.0 45.0
コレステロール(mg) 60 180
食塩相当量(g) 0.1 0.3

毎日の食卓に、栄養たっぷりの上質な鰹節。>>通信販売

良質な鰹節を原料にし、鰹のうま味を最大限に引き出しました。料理の持ち味を一層引き立てる名脇役です。


*鰹節・煮干辞典イメージ

*カネソ22 ネット通販ページへ

*和食レシピ集

*だしの取り方

*カネソ22工場見学

*カネソ22TVCMの紹介


ご記入いただいたお客様の個人情報を第三者に傍受されることがないよう暗号化して通信するSSLという方式を採用してます。

Valid HTML 4.01!

Valid CSS!