白菜を使った旬のレシピ集

白菜は冬が旬。体を温め、風邪予防にも。

*白菜イメージ

一年を通して手に入れることができますが、12月〜2月の寒い季節は甘みがのり、白菜の旬となります。

白菜の芯にはビタミンCや鉄、カルシウム、カロチンが豊富に含まれます。白菜には体を温める作用があり、特にビタミン豊富な豚肉とあわせると、風邪の予防や初期症状にとても効果があると言われています。精進料理では、白菜は大根豆腐とともに「養生三宝」として欠かせないものになっています。

栄養面では千切りにするなどして、生で食べるのが最もよいと言えますが、水分が95%以上を占める白菜は煮ることによって、たくさんの量を食べることができます。特に栄養が多く、甘みも強い芯の部分をしっかり食べるようにしましょう。巻きがしっかりしていて、葉がみずみずしいものを選びましょう。葉や茎に黒い斑点がついているものは避けてください。

白菜を使ったいろいろなレシピ

*白菜ときのこの和風温サラダ

白菜ときのこの和風温サラダ

白菜のシャキシャキとした食感はサラダにしてもおいしいです。うまみたっぷりのオリジナル煮干粉ドレッシングでどうぞ。

*豚肉の白菜ロール

豚肉の白菜ロール

ブロッコリーやにんじんなどの季節の野菜と一緒に煮込んで和風スープにしてもおいしい。さっぱりとして、野菜と豚肉のうま味が口に広がります。

*白菜とイカの煮びたし

白菜とイカの煮びたし

あっさりとしていて、うま味たっぷり。冬野菜の代表格、白菜を使った定番レシピです。

*白菜と豚肉の味噌汁

白菜と豚肉の味噌汁

白菜と豚肉は、寒い季節に体を温め、風邪の抵抗力をつけてくれる、とても相性のいい組み合わせです。

*すいとん

すいとん

だしのうま味を吸っておいしくなるすいとんは、やはりだし汁が決め手。もちもちした食感が楽しめます。具は決まったものはないので、冷蔵庫の余り物でもOKです。

*がんもどきと白菜の煮物

がんもどきと白菜の煮物

がんもどきは崩した豆腐に野菜や昆布などを加えて丸め、油で揚げたヘルシーな食品。白菜といっしょにコトコト煮込んで、だしのうま味と白菜の甘みがジュワッと口に広がる一品です。

*白菜と牛バラ肉の煮物

白菜と牛バラ肉の煮物

白菜の甘味としみこんだだしのうま味が口に広がります。ごま油としょうがが味のアクセントになっています。

*白菜のツナ玉炒め

白菜のツナ玉炒め

たまご焼の素で味付け簡単。ごはんによく合う一品です。

このレシピは天然だしの味パックでおいしく調理できます。>>通信販売

お鍋にポンと入れて、数分煮出すだけ。天然素材ならではの安心で、風味豊かなだしがとれます。


*和食レシピ集

*カネソ22 ネット通販ページへ

*鰹節・煮干辞典

*だしの取り方

*カネソ22工場見学

*カネソ22TVCMの紹介

SSL グローバルサインのサイトシール
このサイトはグローバルサインにより認証されています。SSL対応ページからの情報送信は暗号化により保護されます。

Valid HTML 4.01!

Valid CSS!