ほうれん草を使った旬のレシピ集

カロチン・ビタミンC・鉄を豊富に含む緑黄色野菜の代表

*ほうれん草イメージ

年間を通して手に入りますが、栄養価が高まり、おいしさも増す旬の季節は冬。霜にあたって甘みが増すと言われています。

ほうれん草はとても栄養価が高く、緑黄色野菜の代表です。とくにカロチンやビタミンC、鉄分を多く含んでいます。カロチンは抗酸化作用があると言われ、発ガン性物質の毒性を軽減して、ガン予防に効果が期待できるほか、動脈硬化を防ぐ作用もあるとされています。またカロチンとビタミンCの相乗的な効果で、カゼの予防や肌荒れの防止にも有効です。ビタミンB1・B2、カルシウムなどの不足しがちな栄養素を含んでいて、消化もよい食材なので体質改善や病人にも向いています。

>>ほうれん草について詳しく

ほうれん草を使ったいろいろなレシピ

*ほうれん草のピーナッツ和え

ほうれん草のピーナッツ和え

ピーナッツバターと煮干粉を使う、手軽でヘルシーなレシピ。カルシウム強化タイプの煮干粉を使用しました。ピーナッツやほうれん草に含まれるマグネシウムがカルシウムの吸収率を高めてくれます。

*ほうれん草のおひたし

ほうれん草のおひたし

ほうれん草といえば、ビタミン・ミネラル・食物繊維と栄養の宝庫。手早くできる定番の一品です。

*鍋焼きうどん

鍋焼きうどん

寒い季節の定番料理、鍋焼きうどん。手軽な天然だしからとった旨味たっぷり、熱々のつゆが冷えた体を芯から温めてくれるレシピです。鍋焼きうどんは消化の良い料理ですから、がんばる受験生にもピッタリの夜食です。

*ほうれん草と卵のすまし汁

ほうれん草と卵のすまし汁

かつおのすっきりとしただしが生きたおすまし。実は冬が旬で栄養も豊富なほうれん草におとし玉子をしました。

*ほうれん草とベーコンのフラン

ほうれん草とベーコンのフラン

チーズ風味のクリーミーな卵焼きです。たまご焼の素で簡単につくれます。

*ほうれん草とちくわのさっと煮

ほうれん草とちくわのさっと煮

晩御飯のおかずにもう一品、という時に簡単ですぐ出来ます。

*あごだしうどん

あごだしうどん

独特の風味と強い旨みを持つ飛魚(あご)のだしを使った、一風変わったうどんです。とろみをつけて冷めにくくしているので、寒い日に体を温めるにも最適です。

*焼鮭とほうれん草の雑炊

焼鮭とほうれん草の雑炊

手軽にできて、消化のよい雑炊は、お夜食にもピッタリのメニューです。

このレシピは天然だしの味パックでおいしく調理できます。>>通信販売

お鍋にポンと入れて、数分煮出すだけ。天然素材ならではの安心で、風味豊かなだしがとれます。


*和食レシピ集

*カネソ22 ネット通販ページへ

*鰹節・煮干辞典

*だしの取り方

*カネソ22工場見学

*カネソ22TVCMの紹介

SSL グローバルサインのサイトシール
このサイトはグローバルサインにより認証されています。SSL対応ページからの情報送信は暗号化により保護されます。

Valid HTML 4.01!

Valid CSS!