きぬさやを使った旬のレシピ集

豆類の中でビタミンがとても豊富。幅広いお料理に利用

*たけのこメージ

えんどう豆のなかで若さやごと食べるのが、さやえんどう(きぬさや)です。きぬさやは他の豆類に比べビタミン類がとても豊富なのが特徴です。特にビタミンCを多く含んでいます。免疫作用を高めカゼなどの予防になるほか、ストレス予防にも役立ちます。

シャキシャキとした食感が楽しめ、色々なお料理に利用できます。

>>きぬさやについて詳しく

きぬさや(サヤエンドウ)を使ったいろいろなレシピ

*きぬさや

きぬさやの卵とじ

食感のよい、きぬさや(さやえんどう)を卵で綴じた手軽な定番の一品です。きぬさやと卵の甘味が口に広がるやさしい味わいです。

*筑前煮

筑前煮

九州筑前地方の郷土料理だった筑前煮。秋・冬が旬の根野菜がたっぷり入って、とてもヘルシーな一品です。

*高野豆腐の含め煮

高野豆腐の含め煮

豆腐と同じく、大豆の栄養素をたっぷり含んでいる高野豆腐。「凍り豆腐」というのが正式な名前のようです。煮汁をたっぷり含むこの料理は、やはり、おだしが決めてです。

*鶏とたけのこの治部煮

鶏とたけのこの治部煮

治部煮は金沢の郷土料理。肉にまぶした粉がうまみを閉じこめます。春が旬のたけのことさやえんどうでアレンジしました。治部(じぶ)の名前の由来は、「じぶじぶと煮るから…」、「考案した人の名前から」など、諸説あるようです。

このレシピは天然だしの味パックでおいしく調理できます。>>通信販売

お鍋にポンと入れて、数分煮出すだけ。天然素材ならではの安心で、風味豊かなだしがとれます。


*100周年記念プレート

*和食レシピ集

*カネソ22 ネット通販ページへ

*鰹節・煮干辞典

*だしの取り方

*カネソ22工場見学

*カネソ22TVCMの紹介

SSL グローバルサインのサイトシール
このサイトはグローバルサインにより認証されています。SSL対応ページからの情報送信は暗号化により保護されます。

Valid HTML 4.01!

Valid CSS!