なすを使った旬のレシピ集

体を冷やす効果があり、高血圧やのぼせに。

*なすイメージ

なすは、現在では、一年中を流通していますが、露地栽培では7月〜10月が旬の代表的な夏野菜です。

体を冷やす作用が強く、体のほてりやのぼせ、高血圧に効果があると言われてます。冷え性の方は控えめにした方がよいでしょう。

>>なすについて詳しく

なすを使ったいろいろなレシピ

*焼きなす

焼きなす

なすには体を冷やす作用があると言われています。また、紫色の成分であるナスニンやポリフェノールは、コレステロール値を下げる効果があり、老化防止やガン予防にもよいとされています。なすは、表面が濃い紫色で光沢があり、へたの切り口がみずみずしいものを選びましょう。

*焼きなすの卵とじ

焼きなすの卵とじ

焼きなすの香ばしい風味を卵で閉じこめました。みょうががアクセントとなり、食がすすみます。

*和風ラタトゥイユ

和風ラタトゥイユ

南フランスの家庭料理、ラタトゥイユを和風に仕立てました。旬の野菜がたっぷり食べられるのもうれしいメニューです。オクラやズッキーニ、かぼちゃなど、色々な野菜でもお試しください。

*なすの浅漬け

なすの浅漬け

旬のおいしさを味わうメニュー。なすの浅漬けは、とても手軽にできるので、「あと一品」という時は、ぜひお試しください。なすは生体調整機能に優れ、動脈硬化を防いだり、ガンを予防したりする効果があると言われています。

*焼きなすとみょうがの味噌汁

焼きなすとみょうがの味噌汁

口に入れるとトロリとジューシーな焼きなすをお味噌汁の具に。あごだしの芳ばしい風味とよく合います。みょうがで味のアクセントをつけました。

*なすと油揚げの味噌汁

なすと油揚げの味噌汁

なすと油揚げの組み合わせは味噌汁の具として、とてもよく合います。やっぱりこの味!

*なすの煮びたし

なすの煮びたし

かつおと昆布の本格的なだしで上品な味に仕上げた定番の一品です。

*みぞれ風焼きなす

みぞれ風焼きなす

焼きなすを、大根おろしとめんつゆで。夏らしい、さっぱりとしたレシピです。

*焼きナスのぶっかけそうめん

焼きナスのぶっかけそうめん

そうめんと焼きナスの喉ごしのよい組み合わせ。つめたく冷やしてお召し上がりください。

*さくさくなすのポン酢かけ

さくさくなすのポン酢かけ

サクサクした歯ごたえのいい衣に、中はとろっと柔らかいなす。ポン酢でさっぱりいただくのが美味。

このレシピは天然だしの味パックでおいしく調理できます。>>通信販売

お鍋にポンと入れて、数分煮出すだけ。天然素材ならではの安心で、風味豊かなだしがとれます。


*100周年記念プレート

*和食レシピ集

*カネソ22 ネット通販ページへ

*鰹節・煮干辞典

*だしの取り方

*カネソ22工場見学

*カネソ22TVCMの紹介

SSL グローバルサインのサイトシール
このサイトはグローバルサインにより認証されています。SSL対応ページからの情報送信は暗号化により保護されます。

Valid HTML 4.01!

Valid CSS!