里芋の煮っ転がし

調理時間
25分

*里芋の煮っ転がし

やわらかく、粘りのある食感は里芋ならではの秋の味覚。乾燥に弱いので、泥がついているものの方が品質が保たれます。あれば、ゆずの皮のせん切りをあしらってください。


*このレシピの材料

  • 2人前
  • 里芋 450g
  • 塩 少々
  • 煮汁
  • *味パックあわせだし 1袋
  • *砂糖、みりん 各大さじ1
  • *しょうゆ 大さじ1.5

*このレシピの作り方

  1. 鍋に水600mlと味パックを入れ火にかけ、3〜5分間沸騰させ、軽く絞ってだしパックを取り出す。
  2. 里芋はたわしで泥を洗い落して乾かす。上下を切り落として、上から下にむけて皮を厚めにむく。水にさらし、水けをきる。塩を入れた水からゆで、沸騰したら中火で4〜5分ゆで、流水でぬめりをとるように洗う。
  3. 里芋の入った鍋に1のだし汁1.5カップとカッコ内の煮汁の材料を入れ、強火にかける。煮立ったら落としぶたをし、中火で約15分煮る。
  4. なべをゆすりながら煮て、煮汁が少なくなってきたら落しぶたをはずし、さらに鍋を揺すって完全に汁けをとばし、つやよく仕上げる。

このレシピは天然だしの味パックでおいしく調理できます。>>通信販売

お鍋にポンと入れて、数分煮出すだけ。天然素材ならではの安心で、風味豊かなだしがとれます。


*和食レシピ集

*カネソ22 ネット通販ページへ

*だしの取り方

SSL グローバルサインのサイトシール
このサイトはグローバルサインにより認証されています。SSL対応ページからの情報送信は暗号化により保護されます。

Valid HTML 4.01!

Valid CSS!