ヒカド(長崎県の郷土料理)

調理時間
30分

*ヒカド

長崎県の郷土料理、ヒカド。ヒカドとはポルトガル語で「細かく刻む」という意味。その名の通り、魚や野菜を細かく切って煮込んだ和風シチューです。すりおろしたサツマイモの甘みととろみが体をしっかり温めてくれます。


*このレシピの材料

  • 4人分
  • マグロ(またはブリ) 100g
  • 鶏肉 50g
  • 大根 1/3本
  • サツマイモ 1本
  • にんじん 小1本
  • 干し椎茸 2〜3枚
  • 味パックあわせだし 1パック
  • ねぎ 1本
  • 薄口醤油 小さじ2
  • 塩 小さじ1

*このレシピの作り方

  1. 水3カップと味パックあわせだし1パックを鍋に入れ火にかける。沸騰後3〜5分間煮出し、パックを箸などで軽く絞りながら取り出す。
  2. 1にあらかじめもどしておいた干し椎茸のもどし汁カップ1を加え、煮立たせる。
  3. にんじん、大根、鶏肉をさいの目(1.5cm角程度)に切り、2の鍋に入れる。
  4. マグロを軽く湯通しし、さいの目に切る。
  5. 3の火が通ったら、4のマグロと同じくさいの目に切ったサツマイモ1/2本、椎茸を加えてさらに煮る。
  6. 塩、薄口醤油で味をととのえ、すりおろしたサツマイモ1/2本を加え、トロミがついたら火を止める。
  7. 器に盛って、小口切りにしたねぎを散らす。

このレシピは天然だしの味パックでおいしく調理できます。>>通信販売

お鍋にポンと入れて、数分煮出すだけ。天然素材ならではの安心で、風味豊かなだしがとれます。


*和食レシピ集

*カネソ22 ネット通販ページへ

*だしの取り方

SSL グローバルサインのサイトシール
このサイトはグローバルサインにより認証されています。SSL対応ページからの情報送信は暗号化により保護されます。

Valid HTML 4.01!

Valid CSS!