鶏とたけのこの治部煮(石川県の郷土料理)

調理時間
30分

*鶏とたけのこの治部煮

治部煮は金沢の郷土料理。肉にまぶした粉がうまみを閉じこめます。春が旬のたけのことさやえんどうでアレンジしました。治部(じぶ)の名前の由来は、「じぶじぶと煮るから…」、「考案した人の名前から」など、諸説あるようです。


*このレシピの材料

  • 3〜4人分
  • 鶏もも肉 200g
  • たけのこ 300g
  • きぬさや 50g
  • しめじ 1パック
  • 味パックかつおだし 1パック
  •  
  • 調味料A
  • *醤油 大さじ2
  • *みりん 大さじ1
  • 調味料B
  • *醤油 大さじ3
  • *酒  大さじ2
  • *みりん 大さじ3
  • *砂糖 小さじ2
  •  
  • 片栗粉 適量
  • ワサビ 少々

*このレシピの作り方

  1. 600ccの水に、味パックかつおだし1パックを入れて火にかけ、沸騰後3〜5分煮出し、パックを取り出す。
  2. 鶏肉はそぎ切りにし、調味料Aで下味をつけ、かるく片栗粉をまぶす。
  3. たけのこを茹で、穂先は縦に、残りは横に輪切りにする。
  4. しめじは石突きをとり、小房にわける、きぬさやは筋をとる。
  5. 1のだし汁に調味料Bを入れ、煮立ったらたけのこを入れて煮る。
  6. たけのこに味がしみてきたら、しめじ、鶏肉を入れて、さらにひと煮する。
  7. 最後に、きぬさやを入れて、軽く火を通して、器に盛り、ワサビをのせる。

このレシピは天然だしの味パックでおいしく調理できます。>>通信販売

お鍋にポンと入れて、数分煮出すだけ。天然素材ならではの安心で、風味豊かなだしがとれます。


*和食レシピ集

*カネソ22 ネット通販ページへ

*だしの取り方

SSL グローバルサインのサイトシール
このサイトはグローバルサインにより認証されています。SSL対応ページからの情報送信は暗号化により保護されます。

Valid HTML 4.01!

Valid CSS!