かぼちゃ 夏が旬の野菜

かぼちゃの旬の時期(月)

123456789101112
  • がん予防
  • かぜ予防
  • 冷え性
*かぼちゃイメージ

かぼちゃの主な栄養(100g中)

ビタミンC
★★★★★★★★(39mg)
ビタミンE
★★★★★★★(4.6mg)
ビタミンA効力
★★★★(470IU)
カルシウム
★★★★★(330mg)

夏が旬の緑黄色野菜かぼちゃ。ホクホクした強い甘みが特徴です。かぼちゃの黄色い色は豊富に含まれているカロチンの色。粘膜を丈夫にしカゼを予防したり、抗酸化作用により、活性酸素を取り除くので、ガン細胞の発生を防ぐとともに、免疫機能を高めると言われています。

また、かぼちゃのタネにはたんぱく質やリノール酸が多く含まれ、動脈硬化の予防に効果があるので、フライパンで焦げ目がつくまで炒って食べるといいでしょう。

選び方

見た目以上にずっしりと重みがあり、表面にツヤがあるものを選びます。カット売りを買う時は、果肉の色が濃く、種がしっかり詰まっていて、ワタが乾燥していないものがよいでしょう。

調理のポイント

かぼちゃの程よい甘みを生かすため、調理する時は砂糖を控えめに。完熟したかぼちゃは固く切り分けるのが大変ですが、電子レンジで数分加熱するとやわらかくなり、切り分けやすくなります。

保存法

丸のままなら、冷暗所で長期間保存できます。切り分けたものはワタや種が腐りやすいので、取り除いてラップをし、冷蔵庫の野菜室で保存してください。

*100周年記念プレート

*カネソ22 ネット通販ページへ

*和食の旬のレシピ集

*だしの取り方

SSL グローバルサインのサイトシール
このサイトはグローバルサインにより認証されています。SSL対応ページからの情報送信は暗号化により保護されます。

Valid HTML 4.01!

Valid CSS!