カリフラワー 秋〜冬が旬の野菜

カリフラワーの旬の時期(月)

123456789101112
  • かぜ予防
  • 美肌効果
  • 便秘
*カリフラワーイメージ

カリフラワーの主な栄養(100g中)

ビタミンC
★★★★★★★★(65mg)
食物繊維
★★(2.6g)

カリフラワーはキャベツを品種改良した野菜で、花のつぼみの部分を食用としています。ビタミンCを大変豊富に含み、熱を加えてもビタミンCが壊れにくいという特徴があります。カゼの予防や肌を美しくする効果が期待できます。

食物繊維も多く、腸内の老廃物を排出し、便通をよくします。

色の白いものが一般的ですが、紫色のものやオレンジ色のカリフラワーもあります。

選び方

つぼみの色が白く、こんもりとかたくしまっているもの、大きさ以上にずっしりと重みを感じるもの、また茎が太くて短いものを選びましょう。茎にすがはいっているようなものは避けてください。

調理のポイント

ゆでる時に小麦粉を少量加えると沸点が上がり、ゆで時間を短縮し、ビタミンCの損失が少なくなります。急ぐ時は小房に分けてゆでてください。またレモンスライスかお酢を加えると、変色を防ぎ、白くゆで上げることができます。

保存法

生のまま保存すると、つぼみがすぐ開いて味も栄養も落ちます。できるだけ早く下ゆでして冷蔵庫で保存してください。

*100周年記念プレート

*カネソ22 ネット通販ページへ

*和食の旬のレシピ集

*だしの取り方

SSL グローバルサインのサイトシール
このサイトはグローバルサインにより認証されています。SSL対応ページからの情報送信は暗号化により保護されます。

Valid HTML 4.01!

Valid CSS!