キャベツ 春・冬が旬の野菜

キャベツの旬の時期(月)

123456789101112
  • 胃潰瘍
  • 十二指腸潰瘍
  • 骨粗鬆症
*キャベツイメージ

キャベツの主な栄養(100g中)

ビタミンC
★★★★★★★★★★(44mg)
カリウム
★★★(210mg)
カルシウム
★(43mg)

春に収穫する春キャベツは、みずみずしく柔らかいので、サラダなど生食に適しています。

冬に収穫される冬キャベツは巻きがしっかりしていて、加熱調理しても煮崩れしにくく、甘みが増します。ビタミンCを豊富に含み、大きめの葉1枚で1日の必要量の約7割を摂取することができます。

骨を強くし、骨粗鬆症を予防する効果のあるビタミンKや、またキャベジンと言われるビタミンUが含まれ、胃や十二指腸の潰瘍の予防・治療に効果が期待できます。各種のミネラルは消化・吸収を促進し、消化不良のむかつきを防いでくれます。

選び方

春キャベツは巻きがふっくらしていて頭がとがっていないもの。冬キャベツは、濃い緑色で巻きが固く、ずっしり重みがあり、ツヤのあるものがよいでしょう。

調理のポイント

ビタミンCやUは水溶性ですので、長時間水にさらすと栄養分が溶け出してしまいます。春キャベツはやわらかいので、サラダなどの生食に適しています。冬キャベツは、ポトフやロールキャベツなどにしてじっくり煮込むと甘みが増してきます。

保存法

芯の部分から痛むので、芯を包丁で切り抜いて水でしめらせたキッチンペーパーなどを詰めてから、ポリ袋に入れて冷蔵庫で保存してください。キッチンペーパーを取り替えることで、より長持ちします。切ったものはラップで包んで冷蔵庫に入れ、できるだけ早く使い切りましょう。

*100周年記念プレート

*カネソ22 ネット通販ページへ

*和食の旬のレシピ集

*だしの取り方

SSL グローバルサインのサイトシール
このサイトはグローバルサインにより認証されています。SSL対応ページからの情報送信は暗号化により保護されます。

Valid HTML 4.01!

Valid CSS!