里芋 秋・冬が旬の野菜

里芋の旬の時期(月)

123456789101112
  • 高血圧
  • 胃潰瘍
  • ボケ防止
里芋

里芋の主な栄養(100g中)

タンパク質
★(2.6g)
カリウム
★★★★★★★★(610mg)
ビタミンC
★★(5mg)
ビタミンB1
★★(0.09mg)
ビタミンB2
★(0.07mg)

里芋は秋が旬の食材です。子芋がたくさん増えることから、おめでたい食べ物の一つとされ、日本の行事の料理にはつきものです。

里芋には独特のぬめりがありますが、このぬめりガラクタンやムチンという成分によるもので、ガラクタンは、血圧やコレステロールを下げる効果や、脳を活性化させ、ボケを予防する効果があると言われています。ムチンには胃や腸の潰瘍を予防し、肝臓を強化する効果があります。

選び方

乾燥に弱いので、泥がついていて、皮に湿り気のあるもの。縞模様がくっきりしていて、押してみて実が固くしまっているもの、ヒビやこぶがないものを選びましょう。

調理のポイント

里芋のぬめりには栄養成分が豊富に含まれているので、調理する時は、ぬめりを落としすぎないようにしましょう。手がかゆくなるのは、手に塩をつけることで防ぐことができます。

保存法

泥つきのまま湿らせた新聞紙などにくるんで冷暗所で保存します。冷蔵庫での保存は、里芋には温度が低すぎるため、傷んでしまうので避けましょう。

*カネソ22 ネット通販ページへ

*和食の旬のレシピ集

*だしの取り方

SSL グローバルサインのサイトシール
このサイトはグローバルサインにより認証されています。SSL対応ページからの情報送信は暗号化により保護されます。

Valid HTML 4.01!

Valid CSS!