しそ(紫蘇) 夏・秋が旬の野菜

しその旬の時期(月)

123456789101112
  • 食欲増進
  • 整腸
  • 動脈硬化
  • 疲労回復
*しそイメージ

しその主な栄養(100g中)

カロチン
★★★★★★★★★★(4800IU)
カルシウム
★★★★★★★★★(220mg)
ビタミンB1
★★★(0.12mg)
ビタミンB2
★★★(0.32mg)
鉄分
★★(1.6mg)
食物繊維
★★★★★★★★★★(7.3g)

青じそにはカロチンとカルシウムが抜群に多く含まれています。カロチンはコレステロールの増加を抑制し、動脈硬化を予防し、がん予防の効果も注目されています。カルシウムは骨の強化やストレス・イライラの緩和に有効です。

最近では、花粉症などのアレルギーにも効果が認められています。

独特の香りに、食欲の増進効果があるため、青じそは主に薬味として用いられますが、防腐作用もあり、刺身のつまとしてしそが用いられるのは、生魚のにおいを消したり、中毒を防ぐためです。

選び方

青じそは緑色が濃く、みずみずしいもの。葉がピンとしていて香りのよいものを選びましょう。梅干しに使う赤じそは、よく縮れたものの方が鮮やかな色が出ます。

調理のポイント

せん切りにする時は、何枚かを重ね、太い葉脈を取り除いてから、緩く巻いて切るときれに切れます。細かく切るほど香りの成分が引き出されます。天ぷらにする時は、片面だけころもをつけるようにすると、上手に揚がります。

保存法

水に湿らせたキッチンペーパーなどに包んで密封容器に入れ、冷蔵庫の野菜室で保存すると一週間くらい保存可能ですが、できるだけ早く使い切るようにしましょう。

*100周年記念プレート

*カネソ22 ネット通販ページへ

*和食の旬のレシピ集

*だしの取り方

SSL グローバルサインのサイトシール
このサイトはグローバルサインにより認証されています。SSL対応ページからの情報送信は暗号化により保護されます。

Valid HTML 4.01!

Valid CSS!