たけのこ 春が旬の野菜

たけのこの旬の時期(月)

123456789101112
  • 高血圧
  • 便秘
  • 大腸ガン
たけのこ

たけのこの主な栄養(100g中)

ビタミンB2
★★(0.12mg)
ビタミンC
★★★(11mg)
ビタミンE
★★(0.7mg)
カリウム
★★★★★★★(500mg)
食物繊維
★★★(3.2g)

食用になるものは孟宗竹、淡竹、真竹などがありますが、一般に売られているのはほとんど孟宗竹です。

ビタミンCやビタミンB2などを含みますが、それほど栄養価は高くありません。食物繊維は豊富ですので、便秘や大腸ガンの予防に効果があります。またカリウムも豊富に含まれ、体内の塩分バランスを調整し、体外に排出するので、むくみや高血圧に効果があります。

カロリーが低く、食物繊維が豊富ですのでダイエット時にもおすすめです。

たけのこの皮には防腐効果があるので、おむすびなどを包むのに適しています。

選び方

適度に湿り気があり、皮にツヤと光沢があるもの。太めで短く重いものを選びましょう。根元に赤い斑点がないものが新鮮です。

調理のポイント

たけのこは時間とともにえぐみが増します。手に入れたらできるだけ早くゆでましょう。皮のまま水洗いし、先端を切り落として、縦に一本包丁目を入れて、皮付きのままゆでます。ぬかを入れると旨味を逃がさず、アクだけ抜けます。皮をむいたら充分水にさらしてください。

保存法

皮付きのまま冷暗所に置くか、ゆでたものはゆで汁ごと密閉容器にいれて冷蔵庫へ保管してください。

*100周年記念プレート

*カネソ22 ネット通販ページへ

*和食の旬のレシピ集

*だしの取り方

SSL グローバルサインのサイトシール
このサイトはグローバルサインにより認証されています。SSL対応ページからの情報送信は暗号化により保護されます。

Valid HTML 4.01!

Valid CSS!