たまねぎ 春・秋が旬の野菜

たまねぎの旬の時期(月)

123456789101112
  • 食欲不振
  • 疲労回復
  • 不眠症
  • 高血圧
*たまねぎイメージ

たまねぎの主な栄養(100g中)

ビタミンC
★★(7mg)
カリウム
★★★(160mg)
カルシウム
★(15mg)
リン
★(30mg)

独特の辛みと香りは硫化アリルという成分です。切る時、涙が出るのは硫化アリルが目の粘膜を刺激するためです。

硫化アリルには消化液の分泌を助け、新陳代謝を促進し、ビタミンB1の吸収をよくするという作用があります。

このため、疲労や食欲不振、不眠、精神不安定、精力減退などに効果が期待できます。

さらに血糖値をさげる作用や高血圧、動脈硬化の予防にも有効と言われてます。

選び方

皮の色が濃く、よく乾燥していてツヤのあるもの、重みがあるもの。押すと芯がしっかり固いものを選びましょう。芽が出かけているものは味が落ちているので、避けましょう。

調理のポイント

硫化アリルは水に溶けやすく、加熱すると甘味成分に変化するので、栄養を摂取するなら、薄切りにして水にさらし、よく水気を切ってサラダにしましょう。加熱すると臭みが消え、特有の甘味と旨味がでるので、スープやシチュー、カレー、ソテーなどに加えるとおいしく出来上がります。

保存法

風通しのよいところにネットなどに入れてつるして保存すると2〜3ヶ月もちます。ただし、新たまねぎは1週間くらいしかもちません。

*100周年記念プレート

*カネソ22 ネット通販ページへ

*和食の旬のレシピ集

*だしの取り方

SSL グローバルサインのサイトシール
このサイトはグローバルサインにより認証されています。SSL対応ページからの情報送信は暗号化により保護されます。

Valid HTML 4.01!

Valid CSS!