ねぎ 秋〜冬が旬の野菜

ねぎの旬の時期(月)

123456789101112
  • かぜ予防
  • 疲労回復
  • 食欲増進
*ねぎイメージ

ねぎの主な栄養(100g中)

ビタミンC
★★★★★★★(33mg)
カルシウム
★★(80mg)
ビタミンA効力
★★★★(480IU)
カリウム
★★★(200mg)
★★(1.0mg)

ねぎの白い部分は淡色野菜、緑の部分は緑黄色野菜で、栄養成分も大きく違います。緑の葉の部分にはかぜ予防に効果のあるビタミンAやビタミンCが含まれ、白い根の部分には、ねぎ特有の香りと辛みのもとであるアリシン(硫化アリルの一種)が多く含まれていて、ビタミンB1の吸収を高め、疲労回復や体を温める効果があります。

選び方

葉の緑色が濃く鮮やかで、白い部分との色の差がはっきりしているもの、まっすぐ伸びているものを選びましょう。白ねぎは白い部分が固いもの、葉ねぎは緑色の部分が長く、先端まで張りがあるものが良質です。黄ばんで乾燥しているものは鮮度が落ちていますから避けてください。

調理のポイント

薬効成分であるアリシンは揮発性ですので、長く加熱したり水にさらしすぎると効果が薄れてしまいます。特有のにおいが肉や魚の臭みをとるので薬味として最適です。食欲のない時に、そばや冷や麦にねぎをたっぷり添えれば、食欲増進に効果的です。

保存法

新聞紙などで包んで冷蔵庫へ保管してください。長期保存したい場合は日の当たらない場所で、土の中に斜めにして埋めておくとよいようです。

*100周年記念プレート

*カネソ22 ネット通販ページへ

*和食の旬のレシピ集

*だしの取り方

SSL グローバルサインのサイトシール
このサイトはグローバルサインにより認証されています。SSL対応ページからの情報送信は暗号化により保護されます。

Valid HTML 4.01!

Valid CSS!