パセリ 春が旬の野菜

パセリの旬の時期(月)

123456789101112
  • かぜ予防
  • 食中毒予防
  • 食欲増進
  • 貧血
  • 口臭
*パセリイメージ

パセリの主な栄養(100g中)

ビタミンC
(200mg)
ビタミンA効力
(4200IU)
(9.3mg)
ビタミンB1
(0.20mg)
ビタミンB2
(0.24mg)
ビタミンK
(730mg)

パセリはビタミンCやカロチン、ビタミンB1、ビタミンB2を豊富に含みますが、量的に多く食べるのは難しい食材です。

鉄を多く含んでいるので、貧血に効果があります。食後に食べれば口臭を消してくれます。

独特の香りは、精油成分のピネン、アピオールというもので、食欲増進、疲労回復、利尿、保温効果ががあります。

また葉緑素は、悪玉コレステロールが吸収されるのを防ぐ役目をしてくれます。

選び方

葉の先が内側に巻いていて、縮みが強く緑色の濃いものを選びましょう。黄色っぽいものや花が咲いたものは葉が固いので避けましょう。

調理のポイント

料理のつけ合わせとして用いられますが、さっと油で揚げるなどすれば苦みが薄れ食べやすくなります。みじん切りにする時は水気をよく切ってください。刻んで水にさらすと薬効成分が損なわれてしまいます。

保存法

コップに水を入れて、さしておくと多少日持ちしますが、みじん切りにして乾燥させるか、冷凍するとよいでしょう。

*100周年記念プレート

*カネソ22 ネット通販ページへ

*和食の旬のレシピ集

*だしの取り方

SSL グローバルサインのサイトシール
このサイトはグローバルサインにより認証されています。SSL対応ページからの情報送信は暗号化により保護されます。

Valid HTML 4.01!

Valid CSS!