芽キャベツ 秋〜冬が旬の野菜

芽キャベツの旬の時期(月)

123456789101112
  • かぜ予防
  • 便秘
  • 美肌
  • 動脈硬化
  • がん予防

芽キャベツの主な栄養(100g中)

ビタミンA効力
★★(220IU)
ビタミンB1
★★(0.18mg)
ビタミンB2
★★★(0.22mg)
ビタミンC
★★★★★★★★★★(150mg)
★★(1.0mg)
食物繊維
★★★★★(5.2g)

キャベツはひとつの株に1個できますが、芽キャベツ(めきゃべつ)は茎にそってビッシリとなり、1株で50〜60個収穫でき、キャベツが小さくなったような形です。

芽キャベツは、ビタミンCを大変豊富に含み、レモンの1.5倍、ふつうのキャベツと比べると3倍以上です。

カロチンも多く含み、ビタミンCとの相乗効果でガンの予防に効果的です。

ビタミンB2は、過酸化脂肪の生成を抑え、動脈硬化を予防するなどの効果が期待できます。

選び方

緑色が濃く、巻きがしっかりしていてかたく締まっているもの。見た目よりも重さがあり、大きさ・色・形が揃っているものを選びましょう。つまんだ時にやわらかいものは避けましょう。

調理のポイント

芽キャベツは巻きが固いので、火が通りにくく苦みもありますので、下ゆでしてアクを抜いてから調理しましょう。ゆでる時に外側の皮を1〜2枚むいてから茎のところに十文字に切り込みを入れておくと火が通りやすくなり、早くむらなくゆであがります。

保存法

湿らせたキッチンペーパーや新聞紙などで包み、ポリ袋に入れて冷蔵庫に保存します。キッチンペーパーは2〜3日おきに取り替えると長持ちします。

*100周年記念プレート

*カネソ22 ネット通販ページへ

*和食の旬のレシピ集

*だしの取り方

SSL グローバルサインのサイトシール
このサイトはグローバルサインにより認証されています。SSL対応ページからの情報送信は暗号化により保護されます。

Valid HTML 4.01!

Valid CSS!