もやし 通年が旬の野菜

もやしの旬の時期(月)

123456789101112
  • 高血圧
  • 夏バテ
  • 便秘
  • 肥満
  • 痛風

芽キャベツの主な栄養(100g中)

ビタミンC
★★(8mg)
ビタミンB1
★★★(0.13mg)
ビタミンB2
★★(0.10mg)
カリウム
★★★★(240mg)

もやしは豆や穀類の種子を水に浸して発芽させたものです。豆の時にはほとんど含まれていなかったビタミンCが発芽の際に著しく増加します。

また消化酵素のアミラーゼも生成されます。アミラーゼは胃腸の機能を整えたり、食欲を増進させますから夏バテなどの時には効果的な食材です。

食物繊維も多く含んでいるので、便秘や肥満の予防、動脈硬化、糖尿病の予防に効果的です。

低カロリーで脂質の代謝を促進するビタミンB2も含んでいますので、ダイエットにも大変適した食材です。

選び方

茎が白くて太く、しっかりしているもの、根に透明感があるものを選びましょう。褐色がかったり、黒ずんでいたり、豆が開いているものは味が落ちるので避けてください。真空パックされたものが長持ちします。

調理のポイント

シャキシャキした歯ざわりと食感がもやしの特徴ですから、加熱しすぎないことがポイントです。完全に火が通ってしまう前に火を止め、余熱で火を通すようにするとよいでしょう。炒め物やスープの具として用いる時は、調理の最後に加えるのがコツです。

保存法

ポリ袋に入れて冷蔵庫に入れましょう。ただし、せいぜい2日程度しか日持ちしないので、できるだけ早く使い切るようにしましょう。

*100周年記念プレート

*カネソ22 ネット通販ページへ

*和食の旬のレシピ集

*だしの取り方

SSL グローバルサインのサイトシール
このサイトはグローバルサインにより認証されています。SSL対応ページからの情報送信は暗号化により保護されます。

Valid HTML 4.01!

Valid CSS!