手作りだし醤油

毎日のお料理を、本格的にだしから取るのは、なかなか大変です。そこで、天然だしの風味がしっかり生きていて、一度にたくさん作り置きでき、しかも様々なお料理に手軽に使える手作りのだし醤油はいかがでしょうか。

鰹や昆布、椎茸などのうま味がぎゅっと濃縮された大変便利なだし醤油です。

削り節、だし昆布、干し椎茸をそれぞれご準備いただいても結構ですが、カネソ22だし削りならこれ一袋でOKです。

だしがらからは、おいしい佃煮も作れ、無駄がありません。是非お試しください。

手作りだし醤油の作り方の手順

一番だし

そうめんやひやむぎ、うどんのつゆとして、また天つゆにも最適。お好みの濃さに薄めて使います。酢の物、和え物など色々と応用がききます。

──材  料──

*手づくりだし醤油一番だしの材料イメージ

  • だし削り : (さばのふし、いわしの煮干、かつおのふし、昆布、椎茸)  1袋
  • 醤油 : カップ3
  • 清酒 : カップ1
  • みりん : カップ1
  • ※醤油、みりんはお好みで加減してください。

*だし醤油一番だし手順1鍋にすべての材料を合わせ、一晩おく。※夏場は、冷蔵庫で保管してください。

*だし醤油一番だし法手順2そのまま火にかけ、煮立ったら火を弱めて約3分間煮詰める。

*だし醤油一番だし手順3ザルで漉す。

*だし醤油一番だし手順4余熱を冷ます。冷めたら、ビンなどに移して涼しいところに保存。

二番だし

炒め物や煮物、あえ衣に使います。

冷蔵庫で1週間くらい保存可能です。それ以上保存する時は、冷凍庫で保存してください。

──材  料──

  • 水 : 4カップ
  • 一番だしのだしがら

*二番だし煮出し法手順1一番だしのだしがらに水4カップを加えて、火にかける。

*二番だし煮出し法手順2煮立ったら火を弱めて、約3分間煮詰める。

*二番だし煮出し法手順3ザルで漉す

*二番だし煮出し法手順4余熱を冷ます。冷めたら、瓶などに移して冷蔵庫で保存。

だしがらから作る佃煮

だしがらも捨てずに、佃煮にしましょう。みりんと醤油でお好みの味付けにしてください。

──材  料──

  • 二番だしのだしがら
  • 醤油 : 大さじ2
  • みりん : 1/2カップ
  • 炒りゴマ : 適宜

*だしがらの佃煮手順1二番だしのだしがらにみりん1/2カップと醤油大さじ2(お好みで加減してください。)を加え、焦がさないように、汁けがなくなるまで煮詰める。

*だしがらの佃煮手順2炒りゴマを散らす。

手づくりだし醤油には、だし削り>>通信販売

さば・いわし・かつお・昆布・椎茸とこれ一袋で複雑で奥深い味わいのだしがとれる、だし削り。手づくりだし醤油には最適です。


*100周年記念プレート

*だしの取り方

*カネソ22 ネット通販ページへ

*和食レシピ集

*カネソ22工場見学

*カネソ22TVCMの紹介

SSL グローバルサインのサイトシール
このサイトはグローバルサインにより認証されています。SSL対応ページからの情報送信は暗号化により保護されます。

Valid HTML 4.01!

Valid CSS!